なぜ遺言書が必要なのでしょうか?

たとえ家族でも、考え方は人それぞれです。財産に対しての考え方に相違があることも当然です。
相続内容について、家族間で少しずつの考え方の相違が思わぬ相続争いに発展してしまうかもしれません。そんなとき、役に立つのが遺言書です。
遺言書があれば、自分の死後、自分の財産を誰にどれだけ残すかを指定しておくことができます。残された人たちが相続争いに巻き込まれないためにも遺言書の作成が必要なのです。

遺言書に関するこんな”勘違い”していませんか?

相続争いはお金持ちの家で起こることだから、自分には関係ないよ?

相続争いは、財産が少ない家庭ほど起こるともいわれています。実際に、相続争いの起こっている案件の遺産総額をみてみると、1,000万円未満が多く、特に200万円から300万円程度が最も多いともいわれています。

一度遺言書を作ってしまったら、二度と書き換えはできない?

一度作ってしまった遺言書に加筆修正することはできませんが、内容を変えたいと思ったら、何度でも作り直すことができます。人生いつ何が起こるか分かりません。いざという時の備えのために、遺言書作成は必要なのです。

相続内容については家族が理解していればいいから遺言書はメモ書きで良い?

自分の死後、万一相続でトラブルが起こった場合、遺言書はとても大きな役割を果たします。しかし、遺言書は日常あまり使われない法律用語を使って作成するなど、法的なルールを守らないと無効になってしまいます。折角遺言書を作成しても、それが無効になってしまっては、遺言書を作成した意味がなくなってしまいます。ですから、専門家のアドバイスによって、公的に認められる正式な遺言書の作成が必要なのです。

遺言書を残していたほうがよいケース>>

運営事務所

事務所

行政書士木下喜文事務所
代表者  木下喜文

大阪府行政書士会 淀川支部所属
大阪商工会議所会員

所在地

〒532-0002
大阪市淀川区東三国3-9-21-601

最寄り駅

大阪市営地下鉄 御堂筋線 東三国駅(徒歩5分)
JR京都線 東淀川駅、新大阪駅

連絡先

TEL 06-7165-6318
FAX 06-7635-8398
E-Mail  info@pro-gyosei.com

営業時間

月~土  10時 ~ 18時
定休日  日祝

事前にご連絡をいただきましたら、休日・営業時間外(早朝・夜間)も対応いたします。
ご来所いただく場合は、ご予約をお願いします。

※電話・FAX・E-Mailによる連絡が可能です。
※留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。
のちほど当方よりご連絡差し上げます。

主な取扱業務

遺言書作成
相続人調査
財産調査
遺産分割協議書作成
生前契約
終焉活動支援
民事信託

その他業務

アクセス

 

御堂筋線東三国駅より徒歩5分
JR京都線東淀川駅より徒歩10分

外観

dscn2900

dscn2906

 

 

 

 

 

 

代表者プロフィール

❏保有資格

行政書士
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランニング技能士
企業年金総合プランナー(DCプランナー)
証券外務員

幅広く柔軟な対応ができるよう、日々勉強しております。

❏ザクッとフロフィール

・愛知県豊川市生まれ、県立国府高校卒業(3年時に甲子園野球大会に出場しました)
・学習院大学法学部卒業(皇太子とご学友ではありません)
・バブリーなデパート外商マン、やりすぎ最年少営業部長
・金沢転勤、地縁なしを逆手に損保代理店独立開業
・毎週飲み会敢行の資格スクール黒字化請負校長
・日々感謝!皆さんのお役に立ちたい気さくな行政書士事務所開業

❏趣味その他

・映画館でいい作品を觀て感動して泣くこと
・コルトレーンが好きなジャズファン(アルトサックスに挑戦し挫折)
・いまや趣味以下の過去の栄光剣道三段
・家には元気な妻が1人