生前契約

生前契約とは病気や怪我で動けなくなってしまったとき、高齢になり判断能力が低下したとき、高齢で一人暮らしになったとき、そして自分が死んだ時にどのようにしたいのか。
このようなことに対する不安を解消して、希望を実行できるようにするための契約です。

生前契約の種類

生前契約には見守り契約、財産管理委任契約、任意後見契約、死後事務委任契約などがあります。
各種生前契約によって出来ることと出来ないことがあり、作成にかかる費用も異なります。
当事務所は皆さんのお話を聞き、目的に合った生前契約書の作成サポートをさせていただきます。

①見守り契約

定期的に連絡をすることで、生活状況を確認して安全に生活できるようにする契約です。
信頼関係を築きながら、任意後見契約をいつ始めるかを見極めることにも繋がりますので、通常は財産管理委任契約、任意後見契約と一緒に契約することが多いです。

②財産管理委任契約

病気や高齢により体の自由がきかなくなったり、寝たきりになってしまうことがあります。
家賃、光熱費など生活費の支払いなどを自分ですることが難しくなってしまった時に備えて財産管理委任契約を結んでおけば、委任された代理人がそれらの手続きを行ってくれます。

③任意後見契約

認知症などにより自分の判断能力が不十分になってしまうことがあります。
判断能力が十分なうちに信頼できる人を選んで任意後見契約を結んでおくことができます。
判断能力が低下しても選任した後見人が、契約した後見事務を行ってくれます。

④死後事務委任契約

葬儀、埋葬、家財道具や生活用品の処分等をどのように行うかを指定しておくことができます。
死後に行われる葬儀のやり方、埋葬の方式などの死後の事務について代理権を与え、短期的な死後の事務を委託する委任契約のことです。

生前契約の流れについて

1.本人が元気なうちに生前契約をする
2.見守り契約で生活状況の安全を確認
3.身体の自由がきかなくなった
4.財産管理委任契約の効力が発生
5.判断能力が不十分になった
6.任意後見契約の効力が発生
7.本人が亡くなった
8.死後事務委任契約の効力が発生

①見守り契約書の作成

見守り契約書の内容は本人と支援する者で、ある程度自由に決めることができ、契約の目的、面談や連絡方法、面談や連絡頻度、支援する人の義務などを決めます。
当事務所で安心した老後のために見守り契約書の作成をサポートさせていただきます。

見守り契約書作成の流れ

1.見守り契約書作成の依頼
2.見守り契約書のチェック、修正
3.公証人との打ち合わせ※
4.公証人役場で見守り契約書作成※
5.見守り契約書の作成、完了

※ 公正証書で見守り契約書の作成

見守り契約書作成の料金

見守り契約書作成 報酬(税別)
私文書 30,000円
公正証書 40,000円

※基本的な料金の目安です。事前に見積もりを提示させていただきますのでご安心ください。
※公証人役場で必要な手数料が別途かかります。

✉お問い合わせはこちらから(メール24時間受付)
✆06-7165-6318 (10:00~18:00)

②財産管理委任契約書の作成

財産管理委任契約書の内容は本人と支援する者で、ある程度自由に決めることができ、財産の保全と管理をする財産管理と、介護や援助の管理をする身上監護の2つを決めます。
当事務所で安心した老後のために財産管理委任契約書の作成をサポートさせていただきます。

財産管理委任契約書作成の流れ

1.財産管理委任契約書作成の依頼
2.財産の調査
3.財産目録の作成
4.代理権目録の作成
5.財産管理委任契約書のチェック、修正
6.公証人との打ち合わせ※
7.公証人役場で財産管理委任契約書作成
8.財産管理委任契約書の作成、完了

※公正証書で財産管理委任契約書を作成する場合

財産管理委任契約書作成の料金

財産管理委任契約書作成 報酬(税別)
私文書 30,000円
公正証書 40,000円

※基本的な料金の目安です。事前に見積もりを提示させていただきますのでご安心ください。
※公証人役場で必要な手数料が別途かかります。

✉お問い合わせ(メール24時間受付)
✆06-7165-6318 (10:00~18:00)

③任意後見契約書の作成

任意後見契約書は成年後見制度による登記が必要なので公正証書での作成となり、財産の保全と管理をする財産管理と、介護や援助の管理をする身上監護の2つを決めます。
当事務所で安心した老後のために任意後見契約書の作成をサポートさせていただきます。

任意後見契約書作成の流れ

1.任意後見契約書の作成の依頼
2.財産の調査
3.財産目録の作成
4.代理権目録の作成
5.任意後見契約書のチェック、修正
6.公証人との打ち合わせ
7.公証人役場で任意後見契約書作成
8.任意後見契約の登記、完了

任意後見契約書作成の料金

任意後見契約書作成 報酬(税別)
任意後見契約書作成 70,000円
財産管理委任契約書+任意後見契約書作成 80,000円

※基本的な料金の目安です。事前に見積もりを提示させていただきますのでご安心ください。
※公証人役場で必要な手数料が別途かかります。

料金に含まれるもの

・財産の調査費用
・財産目録の作成費用
・代理権目録の作成費用
・任意後見契約書の起案、修正費用
・任意後見契約書の作成費用
・公証人役場に提出する書類の作成費用
・公証人との打ち合わせ費用

✉お問い合わせはこちらから(メール24時間受付)
✆06-7165-6318 (10:00~18:00)

④死後事務委任契約書の作成

死後事務委任契約書の内容は本人と支援する者で、ある程度自由に決めることができ、医療費、家賃、老人ホーム等の支払い、葬儀、埋葬等に関する事務などを決めます。
当事務所で安心した老後のために死後事務委任契約書の作成をサポートさせていただきます。

死後事務委任契約書作成の流れ

1.死後事務委任契約書作成の依頼
2.死後事務委任契約書のチェック、修正
3.公証人との打ち合わせ※
4.公証人役場で死後事務委任契約書の作成※
5.死後事務委任契約の作成、完了

※公正証書で死後事務委任契約書を作成する場合

死後事務委任契約書作成の料金

死後事務委任契約書作成 報酬(税別)
私文書 30,000円
公正証書 40,000円

※基本的な料金の目安です。事前に見積もりを提示させていただきますのでご安心ください。
※公証人役場で必要な手数料が別途かかります。

料金に含まれるもの

・死後事務委任契約書の起案、チェック、修正費用
・死後事務委任契約書の作成費用
・公証人役場に提出する書類の作成費用※
・公証人との打ち合わせ費用※

✉お問い合わせはこちらから(メール24時間受付)
✆06-7165-6318 (10:00~18:00)