相続あるあるです。

自宅で父と暮らしていた兄。

父が亡くなってしまったが、遺産はこの自宅だけ。

自分がこのまま無償で住み続けることができれば、土地建物の権利を弟に相続させてもいいと考えています。

 

さあ、どのように遺産分割をしたら良いでしょうか?

 

この場合、考えられる方法は、賃貸借か使用貸借などの用益権を設定する遺産分割をします。

賃貸借契約の場合、賃料、目的、期間等を定める必要があります。賃料の負担がありますが、借地借家法の適用を受けるので、使用貸借より強い保護を受けることができます。

兄が無償にこだわるなら、使用貸借になるのでしょうが、建物、敷地の固定資産税等の負担はするとしても、もし弟が第三者に土地建物を譲渡してしまった場合、借主である兄がその第三者に使用借権を対抗できないという問題が起こる可能性があります。

 

慎重に選択すべきですね。

 

遺産分割協議書について>>>