よく心配されて質問をうけるケースが「生前贈与と相続放棄の関係」についてです。

利用価値のない不動産を相続したくないので、相続放棄をしたいが、直近で現金などの贈与を受けている場合、相続放棄ができなくなるんじゃないかというご心配です・・・

答えは、相続前3年以内の贈与と相続放棄は、別問題ですから贈与があっても相続放棄はできます。

相続が発生すると、生前3年以内の贈与に贈与税を払っていてもいなくても相続税がかかる可能性はあります。
暦年課税(年間110万円までの贈与には贈与税がかからない)を上手く使いながら、デコボコを作って贈与税を払っておくほうが無難です。

贈与の方法も、本来は「贈与契約」をする、「通帳・印鑑」を別管理にするなどとすることが正しい方法です。

相続税については、(生前3年分の贈与分を含めた)相続財産が、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」を越えた場合にかかります。

生前贈与と相続放棄は別問題ですから、相続放棄はできますが、贈与税や相続税が心配なら税理士に相談すると良いでしょう。